講座内容

「目的のある話」コース

スキルアップ

  • 話力
  • わかりやすく簡潔に話をまとめる能力
  • 相手の考えや事情を察知する力
  • 情報伝達能力(上手な報告のし方)
  • 説明能力(わかってもらう方法)
  • 説得能力(上手に物事を頼む方法)
  • 上手な忠告のし方
  • 忠告や、自分に敵対する意見を冷静に受け留める方法

役立つシーン

  • 日常会話
  • 社会生活
  • 仕事上のあらゆる場面
  • 人に協力を求めるとき
  • 人の間違った行動を正してもらいたいとき
私たちは、なぜ、話すのでしょうか?
たあいもない世間話もしますが、ほとんどの場合、何か目的があって話をしています。
しかし、その目的を意識して話すことは、あまり無いかもしれません。
目的を意識せずに話すと、無用に話が長くなってしまったり、途中で話が逸れてしまったり、話している本人が、何を話したかったのかわからなくなってしまうこともあります。
話の目的を意識しながら話すと、簡潔にわかりやすく話すことができ、相手に話が伝わりやすくなります。
このコースでは、話の目的に焦点を当て、目的に応じた話し方を考えます。
例えば、話の目的が「報告」の場合は、先ず結論から先に、主観や感情を交えずに事実を正確に伝えるなどです。
特に気をつけたいのが、「忠告」をする場合です。忠告を素直に受け入れてもらえれば、自分にも相手にとっても、良い結果となり、信頼関係が生まれますが、忠告のし方を誤ると、あらぬ反感をかったり、人間関係が悪化することにもなりかねません。
話の目的を意識して、目的に応じた留意点を考慮しながら話をすれば、信頼関係を築くことができます。社会生活に欠かせない、目的に応じた話し方を身に付けましょう。
第1章 対話 自分がいろいろな考えを持っていて、目的を持って話をするように、相手にもいろいろな考えがあり、さまざまな事情を抱えています。自分の話の目的を達成するためにも、一方的に目的をぶつけるのではなく、相手の考えや事情を考え、受け入れることが大切です。
そういった対話の心構えと、話の目的にはどんな種類があるかを学びます。
第2章 知らせる 話の目的の1つ「知らせる」について学びます。「知らせる」とは、「報告」のことです。社会生活の中で、報告することはとても大切です。相手が知りたがっている情報を、もれなく、順序良く、正確に伝える方法と、報告を受けるときの聞き方の注意点を学びます。
第3章 わからせる 「わからせる」とは、相手が理解できるように「説明する」ことです。
相手にしっかりと理解してもらうには、どのように説明したらよいのかを学びます。また、報告を聞くときの注意点についても学びます。
第4章 説得・忠告の基礎条件

説得や忠告など相手の行動を促す話では目的達成の意思を持って話すのと同時に、相手の事情、気持ちに配慮することが大切です。

相手かまわず一方的に話しても意味がありません。相手は心を持った人間です。常に人を大切にして話す心構えを学びます。

第5章 自発的に動いてもらう 「自発的に動いてもらう」とは、相手を「説得する」ということです。人に何かをお願いするとき、強引に押し付けたり、命令して嫌々やらせるのでは、いい人間関係は生まれません。相手に自分のお願いを受け入れてもらい、自発的に気持ちよく動いてくれるように、説得する方法を学びます。また、しつこい勧誘や、応じられない説得を上手に断る方法も学びます。
第6章 改めてもらう 「改めてもらう」とは、相手の考えや、行動の誤りを指摘し、それを辞めるよう説得することです。誰でも、自分の間違いを人から指摘されるのは嬉しくありません。相手のためを思って忠告したつもりでも、相手の自尊心を傷つければ、反感を買うことになります。人に忠告するときの注意点を学びます。また、忠告を受けたときに、反発したり、カッとならずに、冷静に受け止め、自分のプラスにしていく方法を学びます。
第7章 自己検討と聞き手への対応 あなたの情報は本当に正しいですか?あなたの考えは偏った考えではありませんか?自分は正しいと思い込んでいませんか?思い込みで話をしてしまい、後でその情報が間違っていたとわかると、信用を無くしてしまいます。人に話をする前に、もう一度自分の話を検討してみましょう。また、相手に話が伝わるには、聞き手をどう分析し、どう対応したらよいかを考えます。
第8章 目的のある話を生かすには 目的のある話をしたとき、どれだけ目的が達成されるかは、相手からの信頼度に大きく左右されます。日頃からの人間関係がいかに大切かを学びます。