講座内容

「人に聞いてもらえる話し方」コース

スキルアップ

  • 話を聞いてもらう方法
  • 自分の意図をしっかりと伝える能力
  • コミュニケーション能力
  • 会話力
  • 相手の身になって考える力
  • 良い印象を与える方法
  • 感じ良く、わかりやすい表現方法
  • あがり症克服
  • 正しい敬語(尊敬語・謙譲語・丁寧語)の使い方
  • 人から好かれる方法

役立つシーン

  • 日常会話
  • 社会生活
  • 仕事上のあらゆる場面
  • 目上の人やお客様と話すとき
みなさんは、周りから、ちゃんと話を聞いてもらえていますか?
自分はちゃんと話したのに、相手が話を聞いていなかったり、間違えて受け取っていたり、聞いたことを忘れてしまったりして、「話したのに、伝わっていなかった」という経験が、誰にでもあるのではないでしょうか?
せっかく話しても、伝わらないのでは意味がありません。
私たちは、苦手な人や、嫌いな人の話には、耳を傾けにくいものです。
また、ほかのことに気を取られていたり、考え事をしていたり、体調が悪かったりすると、なかなか人の話に集中しにくいのも事実です。
人が話をちゃんと聞いていなかったり、話が意図通りに伝わらないのには理由があるのです。
このコースでは、話を聞いてもらえなかったり、正しく伝わらない理由は何なのかを考え、意図通りに話を聞いてもらうには、どうしたら良いかを学びます。
自分の意図どおりに話を聞いてもらえるようになると、「言った」「聞いてない」などの対立を招いたり、誤解されたりすることが少なくなり、社会生活が楽になります。
みなさんも、ぜひ、人に聞いてもらえる話し方を身につけて、気持ちよい社会生活を送ってください。
第1章 人間関係の大切さ 私たちは、嫌いな人や信用していない人の話には耳を傾けにくいものです。好きな人の話は好意的に聞きますが、嫌いな人の話は身構えて聞いてしまいますし、信用していない人の話は信じられないものです。
人間関係の良し悪しによって、話の聞かれ方に大きな差があることを学びます。
第2章 会話の心得 話を聞いてもらえる人間関係をつくるために、会話は必要不可欠です。会話にはどのような働きがあるかを考え、良い人間関係を育むには、何が必要かを学びます。
第3章 聞き手を考える 聞き手のことを考えずに、一方的に話したのでは、ただの自己満足に終わってしまいます。それでは、聞き手に話が伝わりません。話を聞いてもらうために、聞き手の状況や心情を考えることを学びます。
第4章 さわやかな姿・表情 目から入る情報は、思っている以上に大きいものす。見た目で悪い印象を持たれてしまうと、それだけで話を聞いてもらえなくなってしまうこともあります。
人から良い印象を持たれる、姿や表情を身に付ける方法を学びます。
第5章 感じの良い表現とわかりやすい表現 話をしっかり聞いてもらうために、感じ良く、わかりやすい表現のし方を学びます。
第6章 あがっても話せるスピーチ まず、あがる原因を考え、対策を学びます。対策を実行すれば、必ずあがり症を克服できます。
第7章 電話と敬語 相手の表情が見えない、電話での会話の注意点を学びます。
また、敬語の種類や正しい敬語の使い方を学びます。
第8章 人に話を聞いてもらうために 人に話を聞いてもらうために、人から好かれる努力しましょう。
人から好かれるにはどうしたら良いかを考えます。