受講生の声

対人恐怖症が治った、大勢の前で落ち着いて話せるようになった、人間関係が良くなったなど、受講生のみなさまからの嬉しい感想を耳にします。フィリアの話し方教室にいらした方々が、それぞれの悩みを克服し、前向きに生きられるようになって、生活の幅も広がっていかれる姿を目の当たりにできることは、私どもの何よりの喜びです。
受講生の方にご記入いただいたアンケートの内容を、一部ご紹介させていただきます。

以前は誰とも口をきかない毎日でしたが、人と話せるようになり、
自分の世界が広がりました(30代女性)

私は人と話すのが苦手で、会社に行ってもあいさつもできず、誰とも口をきかない毎日でした。もちろん人前で話すなど論外でした。これではいけないと、ネットで検索し、この話し方教室にたどり着きました。始めは自分の名前を言ったきり、10分くらい何も言えずに(本当は2〜3分だったのかもしれません)黙り込んでしまったのですが、皆さんが、待たされても嫌な顔ひとすせず、笑顔で話を聞いてくださったので、「こんなんでもいいんだ!」と思い始め、だんだん話すことができるようになりました。そうして人と話ができるようになると、自分の世界が広がって来ました。今では自分と同じように悩んでいる方のお役に立ちたいと思っています。

上司や同僚との人間関係に悩んでいましたが、話すことに自信が付き、
良いコミュニケーションが取れるようになりました。(30代男性)

職場で、上司や同僚との人間関係を円滑にしたいと悩み、ホームページを探しました。参加してみると、いきなりスピーチの実習があってびっくりしましたが、皆さん暖かく聞いてくれ、講師のコメントもあって、回を重ねる毎に度胸が付きました。話すことに自信が付き、職場でも良いコミュニケーションが取れるようになりました。

定年離婚の危機を乗り切り、妻と良い関係を築くことができました。(70代男性)

定年退職が近づいた時、妻と会話もなく、この先定年離婚されるのでは、と不安になりました。そんな時、話し方教室に出会い、妻の話を聞くようになって、いい関係を築くことができました。楽しい人生になりました。

あがり症を克服し、人前で話すことが楽しくなりました。(20代男性)

人前に出るとあがってしまい、頭は真っ白、足はガクガク、なんとかこんな状態から抜け出したいと、話し方教室に通いました。あがり症が克服できたばかりではなく、今では皆さんの前で話をすることが楽しくなりました。

いつも、何を言っているのか良くわからなかった上司の話を、要点をつかんで聞き取れる
ようになり、話を聞くのが苦痛でなくなりました。(30代男性)

会社の会議などで、話がだらだらと長く、何を言っているのかわからない上司がいて、いつもイライラしていました。会議で勝つ方法を教えてもらえるかと話し方教室に通ってみたら、実際の教室では、人の話を、要点を押さえて聞く訓練をしました。訓練の結果、いつもの上司の話もしっかり聞けるようになり、「要するに、こういうことをおっしゃりたいのですか?」とまとめてあげたら、「そうそう、それが言いたかったんだよ!」と言われ、会議に出るのが苦痛ではなくなりました。

誰とでも良いコミュニケーションが取れるようになりました。(50代女性)

話し方教室で、回を重ねる毎に、人と話すことの面白さ、難しさ、相手の話を聞くことの楽しさがわかってきました。最近は、どなたとでも良いコミュニケーションが取れるようになったと実感しています。

心の豊かさを勉強させていただいています。(20代女性)

私はこの話し方教室で、上手に話をするためのテクニックではなく、心の豊かさを勉強させていただいています。人に対する思いやり、嫌いな人の中にも良さを認める優しさ、周りのものに暖かい関心を持つこと、そしてそこから広がる人間関係。それらを日々の生活の中で身に付けていくことが大切であり、自分の豊かな生活に繋がるということを学ばせていただきました。

日常がもっと豊かなものになりました。(20代女性)

私が話し方教室で学ばせていただいていることは、うっかり過ごしてしまいがちな日々を、もっと豊かなものとしてとらえることができるということです。楽しかったこと、嬉しかったことを周りの人たちに話すことで、喜びを分かち合い、周りの人たちにいっぱい感謝していきたいと思いました。また、これからどう生きていくべきかを考えるようになりました。

教室を楽しんでいるうちに、気が付いたら、あがらずに話せるようになっていました。
(50代男性)

あがり症を克服したいといろいろチャレンジしましたが、なかなかうまくいきませんでした。この教室は皆さんとても優しく、楽しんでいるうちに、気がついたら、あがらずに話ができるようになっていました。一番安くて、一番効果がありました。息子の結婚披露宴でもちゃんとあいさつができました。その後、会社で朝礼なども頼まれるようになり、嬉しく思っています。

看護師をしていますが、患者さんから「ありがとう」と声を掛けてもらえるようになり、
仕事が楽しくなりました。(40代女性)

私は、看護師をしています。以前は一生懸命患者さんのことを思って、仕事をしても、誰からもお礼は勿論、声さえ掛けてもらえない状態でした。主任になり、人前で話す必要にせまられ、あがらずに話せるようにと話し方教室に参加しました。ところが、実際教室に行ってみると、あがらずに話す練習ではなく、人に話を聞いてもらうためには、人間関係作りが大事と教わりました。そして、人間関係作りはまず「あいさつと笑顔から」と言われました。あがり症を治したいのに、あいさつなんて関係あるのか?と思いながらも、インストラクターの方の笑顔に引き込まれるところがあったので、勇気を出して笑顔とあいさつを心掛けました。すると、1週間もしないうちに、患者さんがあいさつを返してくれたり、「ありがとう」と言ってくださるようになりました。人前でもだんだん緊張することが少なくなり、仕事も楽しくなりました。

ほかにも、以下のようなご意見、ご感想をいただきました

  • 人前であがらずに話ができるようになった
  • 人間関係が改善された
  • 仲間が増えた
  • 定年後の楽しみが増えた
  • 家庭内離婚の危機から脱出できた
  • いいコミュニケーションがとれるようになった
  • わかりやすいプレゼンテーションだと好評を得た
  • 聞いてもらえるスピーチができるようになった
  • 論理的に会議を進めることができるようになった
  • 結婚式や会合の司会を頼まれても気軽に受けられるようになった
  • 子供や友人の結婚式のスピーチで誉められた
  • 上司や仲間に認められるようになった
  • 部下とのコミュニケーションがうまく取れるようになり、仕事の能率がアップした
  • 子供を感情的に怒らずに話ができるようになった
  • 妻や子供たちとの会話が増え、家庭生活が楽しくなった
  • PTAなどでもきちんと発言できるようになり、人と会うのが楽しくなった
  • 対人恐怖症が治り、毎日が明るくなった
  • ご近所付き合いなどが気楽になった
  • 積極的にいろいろなことにチャレンジするようになった
  • 様々なことに興味を持って話すようになり、生活の幅が広がった
  • 表情が明るくなったと言われ、仕事ではお客さんが増えた
受講生のみなさま、アンケートにご協力くださり、ありがとうございました。